検索

はりこ の おひなさま(張り子のお雛様)

2月のおすすめ工作「はりこのおひなさま」のつくりかたをしょうかいします。


おすすめ工作は、自分のタイミングで作りたいときに楽しむことができます。

きょうみがわかなければ別の"つくる"ができるよ。


作りたい気持ちになったら教えてね。





では、つくり方をしょうかいします。




①石をさがす


すきなかたちの石 2~4こ


公園やかわらで、おきにいりを見つけてみよう。

手でにぎれるくらいの大きさがおすすめ。










②石のとくちょうをかんさつしてみる。

どんなもよう?どんな色?どんな形?どこから来たの?






③じゅんびするもの


・わし(習字用のはんしがおすすめ)

・でんぷんのり

・おさら







④わしをちぎる


好きな大きさにちぎってみよう。

じぶんのお気に入りの石にあう大きさって、どんな?







⑤のりをとかす


おさらにのりを出して、お水やお湯でとかします。

ゆびをつかってかんしょくを楽しみながらやってみてね。









⑥石にわしをはりつける


わしにとかしたのりをしみこませて、石にぺたぺたとはっていこう。

しわになってもだいじょうぶ。

石のひょうめんをなでるようにしながら、楽しんで。



わしは早ければ1日でかわきます。

石のひょうめんが白くなるまで、なんかいかくりかえして、わしをはります。








⑦きゅうけい

わしがかわくまで少しきゅうけい。


どの石がどんな色だったか覚えているかな?







⑧えんぴつで下がき(やりたい人だけでOK!)


わしをはったので、石にえんぴつで絵がかけます。

色をぬる前に下がきをしたい人は、やってみよう。


ここでも石のかたちをよくかんさつしてみてね。どうぶつや虫に見えてくるかも。


いきなり色をつけたい人は、もちろん、そのままどうぞ!






⑨色ぬり


好きなどうぐを使って色をぬろう。

クレヨン、絵の具、色えんぴつ、何でもよし!


つくるの教室にあるどうぐを、じゆうにだいじにつかえます。







⑩ニスをぬる


つや出しと、ひょうめんをまもるやくわりをするニスをぬります。

立体的にしたい人は、石にボンドでかざりをつけてもおもしろそう。











じゃーーーーーーーん!

かんせい!











じぶんだけのおひなさま、わたしのはこんなかんじ。


人じゃなくても、生き物じゃなくても。

イメージからとびだした、自分が気に入るものができれば、だいせいこうです。


みんなの石たちは、どんなふうに変身するかな。

いっぱいそうぞうして、楽しもうね。






【つくるの教室】

芸術を使ったコミュニケーションの発明・提案をしている福祉支援事業「HARETOKE」が運営する創作教室です。

https://www.kyoto-kaiga.com/


平日14〜18時

土日祝 9〜17時

(各回 定員5名程度)


体験無料

1回 ¥2000(教材費・おやつ代込み)

月謝 月4回 ¥8000(教材費・おやつ代込み)

幼児さん ¥1000(小学校就学前まで 教材費・おやつ代込み)



〒604-8801

京都市中京区今新在家西町29番地3 1F No.3

●JR山陰本線「二条」駅 徒歩10分/阪急京都線「大宮」駅 徒歩10分


予約・お問い合わせ ✉︎haretoke.kyoto@gmail.com 公式LINE 友達追加URL https://lin.ee/fNAuSpg

最新記事

すべて表示